スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分(医療介護CBニュース)

 宮城県は3月29日、介護保険法に基づく介護報酬を不正に請求していたとして、社団法人全国社会保険協会連合会(東京都港区)が運営する「サンビュー宮城」(仙台市)など2つの居宅介護支援事業所に対し、新規利用者の受け入れを3か月間停止する行政処分を行うと発表した。

 処分を受けるのは、サンビュー宮城のほか、財団法人周行会(同)が運営する「上杉在宅介護支援センター」(同)。両事業所で問題になったのは、ケアマネジャーが作成する介護支援計画のサービス提供状況を把握する「モニタリング」の結果記録。モニタリング結果を記録しないと基準違反となり、介護報酬の減額請求が必要となるにもかかわらず、減額せずに請求していたとしている。保険者である市町村が介護支援事業所に実施する「ケアプランチェック」で問題が発覚した。

 県によると、少なくとも両事業所は昨年4月から基準違反が常態化しており、約1年間は不正請求していたとみている。今後、不正請求を行っていた具体的な時期や金額を調査し、算定する。

 処分期間は5月1日から7月31日まで。県は4月中に改善計画書を提出するよう両事業所に求めている。

 宮城県は昨年1月にも、メデカジャパン(さいたま市)が運営する仙台市内の介護支援事業所に行政処分を行っている。県は前例も含めて、「介護支援事業所の業務量は多過ぎる傾向にある。今後も引き続き市町村と連携しながら違反がないか調査する」(介護保険室)としている。

 県の調べによると、サンビュー宮城はケアマネジャー2人に対して利用者が67人、上杉在宅介護支援センターはケアマネジャー5人に対し、利用者は161人だった。


【関連記事】
介護事業所の指定取り消しが過去最多に
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡
静岡県が社福法人に業務改善命令へ、役員に解職勧告も
虚偽申請や検査妨害で訪問介護事業所の指定取り消し―岡山
虚偽の申請で介護事業者指定取り消し―宮城

刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)
首相元秘書の初公判=偽装献金認め、即日結審へ-規正法違反事件・東京地裁(時事通信)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
子ども手当法が成立=民主主要施策で初、6月から支給(時事通信)
小泉被告に死刑判決 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)
スポンサーサイト

愛知の高校教諭、車から生徒の個人情報盗まれる(読売新聞)

 愛知県教育委員会は、県立岩倉総合高校(岩倉市)、一宮興道高校(一宮市)の女性教諭2人が、それぞれの乗用車内から生徒約950人の個人情報が入った外付けハードディスクなどを盗まれたと27日発表した。

 県教委によると、2人は26日午後6時半から8時頃までの間、帰宅途中に一緒に入った岩倉市の喫茶店で、駐車場に止めていた車が車上荒らしの被害に遭い、かばんなどを盗まれた。

 岩倉総合の教諭は学校のホームページ作成を担当し、盗まれたディスクには昨年度と今年度の全生徒の氏名と成績、授業風景の写真が入っていた。一宮興道の教諭は担任の1年生40人分のクラス役員名簿が入ったUSBメモリーを盗まれた。

 いずれも住所や電話番号は入っていないが、データの持ち出しに校長の許可を得ておらず、パスワードも設定していなかったという。

「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
北教組事件 幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定(毎日新聞)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
【第48期囲碁十段戦 本社主催】第2局 張十段、逆転で連勝(産経新聞)
生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)

<友政懇偽装献金>首相元秘書、即日結審へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の東京地裁(平木正洋裁判長)の公判が、初公判の29日に即日結審する見通しであることが関係者の話で分かった。勝場被告が起訴内容をすべて認め、弁護側、検察側はいずれも証人申請を行わないという。冒頭陳述後、弁護側が被告人質問で情状面の立証を行い、検察側の論告求刑や弁護側の弁論まで進む公算が大きいという。

 夏の参院選への影響を最小限に抑えたい弁護側と、政治的影響を考慮した検察や裁判所側の意向が一致したとみられる。判決は4月にも言い渡される。

 勝場被告は東京地検特捜部の取り調べで「国民から支持されている政治家に見せたかった。独断でやった」と起訴内容を認める供述をしてきた。弁護側は検察側の提出する全証拠に同意する見通し。争点は情状面に絞られる。検察側が実母から提供され、偽装献金の原資となった資金の流れにどの程度言及するかも注目される。

 起訴状によると、勝場被告は04~08年、友政懇などの政治資金収支報告書に総額約3億9000万円の虚偽記載を行い、計1200万円を記載しなかったとされる。容疑不十分で不起訴となった鳩山首相について、市民団体が検察審査会に審査を申し立てている。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
鳩山首相団体偽装献金:実母資金提供 首相が3470万円、贈与税を納付
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
偽装献金:鳩山首相の不起訴不当、審査申し立て
予算編成、普天間、偽装献金の三重苦
松田喬和の首相番日誌:それを言っちゃあ…

長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
<多摩下水道工事>公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁(毎日新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知-京都地裁(時事通信)

橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)

 大阪府育英会(会長・橋下徹知事)の入学資金貸付制度を巡り、貸し付け原資の一部として毎年約2億円を育英会側に支出してきた大阪市が、財政難を理由に2009年度以降の支出を拒否したことがわかった。

 育英会側は18日、「就学支援に支障が出る恐れがある」として総合紛争解決センターに対し、市の支出を求める裁判外紛争解決手続き(ADR)の和解あっせんを申し立てた。市は「すでに責任を果たした」と譲らぬ構え。府市再編構想に絡み、橋下知事と平松邦夫市長が火花を散らす中、新たな対立の火種が生まれた形だ。

 府によると、高校・大学の入学金28万~5万円を貸し付ける制度で、08年度は6564人が約12億5000万円を借りた。

 貸し付け原資のうち1億9350万円は大阪市が支出。02年度に国公立の高校、大学に対象を拡大した際、市が15年間、同額を育英会に貸し付ける「覚書」を締結した経緯がある。しかし、市は財政再建の一環で今年2月、09年度分の支出停止と10年度分の予算計上見送りを府側に通告した。

 府側は覚書を根拠に支払いを求めており、担当者は「市の支出を前提に事業計画を立てている。突然払わないと言われても……」と困惑する。財政難の府に穴埋めする余裕はなく、09年度分は基本財産を取り崩して対応。10年度以降は、対象者を減らすなどの制度縮小が必要になるという。

 府市再編構想を巡って、橋下知事が平松市長への批判を強めており、府内部には「意趣返しだ」(幹部)との見方も出ている。

 これに対し、市の担当者は「覚書には『毎年協議のうえ』とある」と反論。貸し付け原資を支出しているのは府と市だけで「他の市町村も制度の恩恵を受けている。なぜウチだけか」と徹底抗戦の構えを見せる。

 府と市は昨年、府立中之島図書館(大阪市北区)の敷地所有権を巡って対立を深め、府がADRの和解あっせんを申し立てた。その際は、橋下知事が市の主張を認めて〈敗北宣言〉して事態は収束。今回は、ADRを舞台にした府市対立の第2ラウンドとなる。

 平松市長はこの日、報道陣に「育英会の運営が厳しくても、府が努力すべきだ。今回も市の主張に整合性があると思う」と自信をのぞかせた。

 一方、橋下知事は「平松市長と十分コミュニケーションを取れているからこそ、こういう手続きも取れる。どちらが正しいのか、第三者に判断してもらえばいい」と語った。

<訃報>大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長(毎日新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で-農水相(時事通信)
<高リスク妊婦>ヘリ搬送が増加 全国で毎年100件超(毎日新聞)

米ニューヨークで霊きゅう車をレッカー移動(スポーツ報知)

 米ニューヨークで今月8日、遺体搬送中の霊きゅう車が駐車違反でレッカー移動されていたことが13日の地元紙の報道で明らかになった。

 ニューヨークデイリーニュース紙によると、白いひつぎを乗せた霊きゅう車は葬儀施設の前に止められていたが、葬儀業者の運転手が書類を取りに離れた間に市警が違反切符を切り、けん引した。戻った業者はパニック状態になったが、車は約1時間半後に廃車場で発見された。

 遺体は空路でニューアークに搬送する予定だったが、レッカー移動で時間が遅くなり、渋滞に巻き込まれたという。

 【関連記事】
ニューヨーク 駐車違反 ニューヨークデイリーニュース を調べる

がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査(時事通信)
春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通-奈良(時事通信)
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権-仙谷担当相(時事通信)
入管元職員に実刑=在留手続き汚職-東京地裁(時事通信)
坂本龍一さんら19人、芸術選奨大臣賞に(読売新聞)

<中村耕一容疑者>矢野きよ実さんが出演自粛 交際報道で(毎日新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」の中村耕一容疑者(59)による覚せい剤取締法違反事件に絡み、メ~テレ(名古屋テレビ放送)は11日、朝の情報番組に出演している名古屋市出身のタレント、矢野きよ実さん(48)が当面の間、出演を見合わせると発表した。同日付のスポーツ紙で、中村容疑者と交際があったと報じられたことを受けたものとみられる。

 矢野さんは、情報番組「どですか!」の進行役として平日毎朝1時間出演しているが、10日から休んでいた。11日の同番組では、アナウンサーが「矢野さんと協議の上、当面出演を見合わせることになった」と説明した。

【関連ニュース】
中村耕一容疑者:大麻やコカイン、自宅から押収
覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕
JAYWALK:アルバム回収へ ボーカル逮捕で
覚せい剤所持:「JAYWALK」アルバム回収へ ボーカル逮捕で
中村耕一容疑者:“内縁”タレントは生放送欠席

事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ(医療介護CBニュース)
<サリドマイド>奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大(毎日新聞)
<誤認逮捕>器物損壊容疑で別の男性を 鳥取県警が陳謝(毎日新聞)
ホワイトデーまでの期間限定でハート形の牛肉を販売 滋賀(産経新聞)
捕鯨船侵入の男、12日に逮捕=シー・シェパード活動家、乗せたまま入港-海保(時事通信)

「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)

 JR西日本がミスをした運転士らに課した「日勤教育」で屈辱的な扱いを受けたとして、社員3人が同社などに計660万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は原告、被告双方の上告を棄却する決定をした。

 決定は11日付。同社などに対し、運転士と車両管理係の計2人に計90万円を支払うよう命じた2審・大阪高裁判決が確定した。

 2審判決によると、運転士は2003年、脇見をして漫然と運転したなどとして、45日間にわたってリポート作成などの日勤教育を受けた。車両管理係は04年、業務に対する緊張感を欠いたとして、除草作業など12日間の日勤教育を受けた。

 同判決は、運転士への日勤教育について、「達成目標が明示されないなど、教育に関する裁量を逸脱し、違法」と指摘。車両管理係への日勤教育は必要性がなかったと判断した。

三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売-大阪地裁(時事通信)
「審査ずさん」と銀行批判=コシ社社長に実刑-三井住友融資詐欺・東京地裁(時事通信)
【衝撃事件の核心】本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」(産経新聞)
調味料 石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)
機密費、鳩山政権も月6000万円 昨年11月以降分を公表(産経新聞)

豪警察SS船捜索 岡田外相「理解し、行動に移してくれた」(産経新聞)

 岡田克也外相は6日、札幌市内で記者会見し、オーストラリア連邦警察が同国の港に寄港した反捕鯨団体シー・シェパードの抗議船スティーブ・アーウィン号を捜索したことについて、「(2月に訪豪した際に)ラッド首相、スミス外相に『オーストラリアの港に入ったときにはきちんと対応してもらいたい』と申し上げた。捜索が事実だとすると、われわれの考え方について理解をし、行動に移していただいたということだと思う」と評価した。

【関連記事】
“ご法度”の肉も食べて…SS抗議船長の“正体”
シー・シェパードの抗議船捜索 豪警察、日本の要請受け
調査捕鯨の意義語れ 水産物争奪の時代は目の前に
船籍剥奪後も、攻撃続けるシー・シェパード抗議船の謎
シー・シェパードが今季の捕鯨妨害活動を終了宣言 「大成功だった」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

東京モノレールで人身事故 全線で運転見合わせ(産経新聞)
<交通事故>「ロバート」の秋山さんが軽いけが 東京(毎日新聞)
「すべて物理の法則で動く」=野口さん、理科教材用に宇宙実験(時事通信)
「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
証券会社の監督強化=金商法改正案を閣議決定(時事通信)

首相動静(3月7日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時14分、公邸発。同17分、東京・永田町の日枝神社着。幸夫人、長男紀一郎さんらとともに孫の宮参り。
(了)

無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)
<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)
<伊賀鉄道>鮮やかピンク、車内は和風 新「くのいち号」きょう営業運転(毎日新聞)
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明-茨城県警(時事通信)

児童買春で教員免許失効の男、県立高講師に採用(読売新聞)

 三重県教育委員会が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反などで有罪判決を受け、教員免許を失った男(31)を、昨年5月に県立高校講師として採用していたことがわかった。

 男は同年6月に勤務していた高校の女子生徒(当時18歳)の体を触り、殴ってけがをさせたとして、強制わいせつや傷害罪などで起訴され、津地裁で公判中。県教委から停職の懲戒処分を受け、すでに辞職している。

 関係者によると、男は08年3月、同法や売春防止法違反などで、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。教育職員免許法では、禁固以上の刑が確定すると免許は失効するが、男は事実を隠して採用試験を受けていた。男は5日の公判で、「履歴書に前科を書く欄がなく、面接でも聞かれなかった」と述べた。

 県教委によると、男は面接の際に教員免許を持参し、「禁固以上の刑に処せられたことがない」という誓約書にサインしていた。県教委は「採用前の刑罰については、本人の申告以外に確認する方法がない」と説明、野呂昭彦知事は「今後、過去の刑罰を確認できる何らかの対策を検討したい」としている。

たむろ防止装置 効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)
雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱舞(読売新聞)
福祉医療機構の中期目標・計画改正案など了承(医療介護CBニュース)
<黒澤明財団>また寄付不明 建設20社の三千数百万円(毎日新聞)
<たむろ防止装置>効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)

<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)

 四国電力は2日、前日にプルサーマル発電を起動した伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)の原子炉で、同日午前4時50分に核分裂の連鎖反応が一定になる「臨界」状態に達したと発表した。

 臨界は、原子核の分裂が連続で起こることで、発電に必要な大きなエネルギーを出す状態。MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料を使用して臨界に達したことで、昨年11月の九州電力玄海原発3号機(佐賀県)に続く国内2例目となるプルサーマル発電の準備が整った。

 四電は4日朝、送電を開始し、30日から営業運転を始める予定。【栗田亨】

【関連ニュース】
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで
プルサーマル発電:市民団体が中止求める 保安院に要望書
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める

「トリプルアクセルの評価が低い!」 ツイッターで真央応援「異常熱」(J-CASTニュース)
日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害-大阪(時事通信)
「トラスト・ミー」で探り合い=普天間めぐり米大使と平野官房長官(時事通信)
調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索-日本(時事通信)

自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相や河野太郎衆院議員らが谷垣禎一総裁の進退に言及した問題で2日、執行部側は反論を開始した。また、執行部は、舛添氏らが相次いで開いている「勉強会」が、いずれ「谷垣降ろし」の拠点になるのではないかと警戒し、党内で高まりつつある執行部批判の火消しに躍起になっている。だが、舛添氏は2日も同様の発言を重ねており、7月の参院選に向けて党内の混乱に拍車がかかりそうな状況だ。

 「舛添氏は(大敗した)昨年の衆院選の時、内閣にいたはずだ」

 自民党の大島理森幹事長は2日の記者会見でこう言って、舛添氏に今の党運営を批判する資格がないと強調した。政党支持率が低迷しているとの指摘に対しても「長崎県知事選や東京都町田市長選、沖縄県石垣市長選で自民系候補が勝利した。言われているような実態でない」と反論した。谷川秀善参院幹事長も同日の記者会見で、舛添氏に発言の真意をただす考えを明らかにした。

 しかし、平成22年度予算案審議をめぐるちぐはぐな対応をきっかけに高まった執行部への不満は党内に根深く、簡単に抑えられそうにない。

 舛添氏は1日の講演で、世論調査で低迷する政党支持率を踏まえ、「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と述べたのに続いて、2日も「(党への)支持率がこのまま低迷すれば、選挙に勝てないという文句の声が出る観測もある」と強調した。

 また、大島氏の発言に対しては、「独裁の民主党じゃないので、自由な発言にこんな目くじらを立てるようではわが党の将来はない」と皮肉る余裕をみせた。

【関連記事】
舛添氏“おろし”発言に谷垣氏「団結大事」と反論
仙谷氏、新党連携に否定的 舛添氏発言
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添氏「手を突っ込む」 民主の一部と連携も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

防災無線アンテナ誤撤去、津波警報聞けず…高知(読売新聞)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
5歳長男を餓死、「愛情わかなかった」夫婦逮捕(読売新聞)
イルカ漁隠し撮り映画、漁協抗議で上映会中止(読売新聞)
<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)

川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)

 大阪府岸和田市の天然温泉施設「牛滝温泉いよやかの郷」で、温泉に川の水を混ぜていた問題で、府環境衛生課などは1日、温泉の成分表示を義務付ける温泉法違反の疑いもあるとみて、同施設への立ち入り検査を始めた

 施設では、温泉水と井戸水を混ぜて浴槽に給湯していたが、昨年11~12月に井戸水をくみ上げるポンプ装置が故障。担当者の判断で、近くを流れる牛滝川から水を引き込み、温泉水として補給していた。川の水は通常、トイレに流す水などとして使用されていたという。府はこの日、6人態勢で立ち入り検査を実施。施設に川の水を引いていたポンプや井戸などの設備を確認していた。

 同施設をめぐっては、岸和田市が先月26日、施設が温泉に川の水を混入していたと発表。平成11~12年には、温泉をくみ上げるポンプが故障した際、温泉成分の塩を足していたことも判明した。

上戸彩さんがドン!圏央道開通記念イベント(読売新聞)
介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見-新潟(時事通信)
ツーリング
ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
<医学部新設>民主党に反対の請願 医学部長病院長会議(毎日新聞)

シュワブ陸上案検討認める=普天間移設「その方向に進んでいる」-北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は25日夜、都内で開かれた国民新党の下地幹郎国対委員長のパーティーであいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「(下地氏とは)だいたい方向性が一緒だ。彼が下地(したじ)をつくり、その方向に今進んでいる」と述べた。
 政府は、下地氏が主張するキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案を検討し、米政府にも非公式に打診しているが、北沢氏の発言は防衛省としても陸上案を中心に検討していることを事実上認めたものだ。
 これに関し、政府関係者は同日、「シュワブ陸上案が一番いい案だ」と指摘し、同案を軸に調整すべきだとの見解を示した。ただ、県外・国外移設を主張する社民党や名護市は強く反対しており、調整は難航必至だ。
 一方、下地氏はパーティーでのあいさつで、「15年後に沖縄から海兵隊が撤退すると約束し、未来にしっかりと基地の軽減があると示すことが大事だ」と語った。 

【関連ニュース】
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制
「幹事長として選挙に勝つ」=民主・小沢氏、続投の意向強調
普天間移設「下地案が軸」=北沢防衛相
社民、九州案を提示へ=普天間移設
辺野古区長ら、シュワブ陸上案に反対=普天間移設

日医会長選、現職の唐澤氏が出馬表明(医療介護CBニュース)
【社説検証】民主党敗北 小沢氏喚問求める産経 朝日は利益誘導を批判(産経新聞)
劉聰
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
鳩山首相、支援へ準備指示=チリ大地震で(時事通信)
プロフィール

なかつがわけいいち

Author:なかつがわけいいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。